81

Daniel’s New Bag

相川
ダニエルさんのスタジオに、オーダーしていたバッグをピックアップしに行ったはずが、色々あって、後日ダニエル家ご飯会の時に受け取りました。
なんか完成したやつ自分で見て嬉しそうだし、こっちまで笑顔になってしまいました。

ダニエル
このパッチワークされた生地は、元々ランプシェードのために使うテクニックとデザインです。

私はインテリアデザインとテキスタイルアート、2つの仕事を持っています。このランプはそれらが融合された、私のシグネチャープロダクトになります。
最初にスタジオで見せてもらったバッグ(ランプ同様に柄や色が無く、ベージュと白だけの落ち着いた配色)、あれでじゅうぶん素敵だったのですが…
横に置いてあったダニエルさんの私物バッグが気になってしまって。

僕はクレイジーなのが好きだからね。
シンプルなのと並んでたら、この蝶々のデザインなに!?ってなりますよね
だから作り直しってことで、ダニエルさんのみたいに色をつけてもらいました。

おそらく昔のボヘミアンが自分達で刺繍した生地や、ダイした生地を継ぎ足してみました。
これコンビニで貰う、あの形のバッグですね。いっぱい入る。
ガシガシ使って、糸がほつれてくるくらいまで使いたいです。
お好きに。
一点ものだし、使ってる生地も全部違う。まるでコラージュの様なデザイン。両面が楽しい。
全部で6個↓ 私の推し面で撮影しました。

↑A

↑B

↑C

↑D

↑E

↑F
なんか風に吹かれたお花みたいに見えたり、森みたいだったり、鳥が飛んでたり、躍動感ありません?
ダニエルさんって、この日も自分のファッションについて「どう?今日の服クレイジーかな?」って聞いてきて、クレイジーだよって言ったら、よかった!って嬉しそうにしてました。
このコラージュバッグも、やっぱりクレイジーでダニエルさんっぽいなって思った。

お問い合わせはメール、または7月2日〜10日でお店がオープンしてますので、そちらでもご覧いただけます。

SHOP

Wolf & Wolff
東京都渋谷区渋谷2-2-3 青山Oビル2F
次回営業日 7.2-7.10 11am-5pm
お問い合わせ dream@wolfandwolff.com