Bird and Cage

60

バージニアなう
私が大ファンの眼鏡のアーティスト、バードアンドケイジのMAXさんちに向かってる

空港から二時間、ずっと森の中走り続けた
MAXさんもそうですけど、今ニューヨークから引っ越す人や引っ越すビジネスが増えてるっぽいですね
それこそマンハッタンで星持ってる寿司レストランのシェフがわざわざこのエリアに自然派系のワインのお店出したり、いる人たちの雰囲気もいい感じで、たしかにすげー今っぽいことなのかもしれない
家に行く前に一杯やろうってここ行きましたが結局全然一杯じゃなくて大変だった、、
MAXさんパンツの中に服をしまい出して、もう歩けないくらいになりながらもなんとか家に到着
なんだこりゃ、センス良すぎませんかこれ
築200年のお屋敷。地上3階地下1階。インテリアはご覧のようにイギリスのテイスト
でも家電系は殆ど最新で、車もバキバキにシャープな今のメルセデス。なんだろう、どこかマトリックスの世界観を感じる
このバランス感覚なんですよね。この生活環境が、というか何を美しいと信じているか、がクリエイションの基盤となり、それがあってプロダクトが形成されるんだと思う

しかし酔いすぎてすぐ寝ちゃって、ろくに眼鏡の話も聞けぬままホテルに帰るという、、

↑Black horn with brass and copper inlay ¥303,600-

↑Blue front and black horn temples ¥240,900-

↑Black horn ¥240,900-
素晴らしすぎるでしょ、これら。今回はこのラウンドの1スタイル3カラーだけ。
気分的には間違いなくカラー物だったりちょっと特殊なものが今いいと思ってます。昔のミクリとかそういう雰囲気がまたこれからかっこいいというか。
しかし勿論難易度は低くないです。なので心配な場合はやっぱり全黒がおすすめではあります
ちなみにこれらは全部MAXさんによる手作業で作られているため、わかりやすくいうと右の丸と左の丸でシェイプに差があります、ご了承ください
これらは受注生産となりますんで、ご希望の方はメールでお問い合わせください👍
dream@wolfandwolff.com

SHOP

Wolf & Wolff
渋谷区渋谷2-3-3 青山Oビル 2F
次回営業日 未定
お問い合わせ dream@wolfandwolff.com