OUTIL M47 Kaki

17

共通の友人が多いわりに一度も会ったことなかったウタさん(OUTILデザイナー)と春の展示会で初めて話をして、そこから後日も何度か会ったりして、別注品を作ってもらった。
原型はフランス古着で有名なあのM47。それをリネンで。そしてブルーがかった、朝はグリーンがかった、あまり今の服っぽくないこの微妙な色に染めてもらった。

ディテールは基本的にM47と同じ。この数字もそれっぽい。これはサイズを表しています。あ、ごめんなさい間違えてますね、正しくは21がMで、22がLです。まだ届いたばかりで測ってないんですけど、肌感としては21がW32、22がW33くらいでしょうか。(私は22)

M47の特徴的というか主役となるデザインの一つにサイドポケットがあります。オリジナルはカーキに対して内側がベージュ。OUTILバージョンではこのブルーグリーンに対して内側が墨黒。ボタンを外すとさらにボタンが出てきたりと、このガチャつきに大きな魅力がありますよね。
素材はリネンですので、ご覧のようにぐしゃぐしゃになって意図せずとも表と内の色がミックスされて見えるのも嬉しい。

生地。なんかすごい説明いただいたんですけど全部忘れてしまいました。聞こうにも今ウタさんは日本にいないので返事が来ません。確かこの生地を織れるのは世界で一社だけで、なんとかかんとかって言ってて、あと染めもすごく拘ってるんですって言ってた。拘りすぎてもうこの染めは次からはできないとも言ってた。あと昨日近所のブルームアンドブランチに穿いて行ったら過去にこの素材のコートをやっていただけあって、働いてる友達が「たしか水を汲んで運べるやつ」って教えてくれた。
ということですいません、よく分かってないんですけど、すごい古着マニアの人が作っているのでやっぱり普通じゃないんだと思います。

そして、M47には前期と後期がありますよね。ディテールが微妙に異なるんです。
今回ウタさんに作っていただいたOUTILバージョンのM47は、前期でも後期でもありません。


「夏期」。M47夏期。

です。ウルトラショーツと違って股上深目で股下もしっかりあります。お値段は48000円+税。通信販売をご希望の方はメールでお問い合わせください。店頭には本日より出しています。

 

SHOP

Wolf & Wolff
渋谷区渋谷2-3-3 青山Oビル 2F
営業日 7月22日〜一旦8月8日まで
営業時間 11時〜17時
定休日 月曜 火曜
お問い合わせ dream@wolfandwolff.com