05

Vintage Guitar market

オン・サンセットにあるアメリカ最大級のギターショップへ。
ここはレギュラーの他にも年代物のセレクトにも力を入れていて、この写真の奥の部屋が壁一面ヴィンテージなんて時もあったりする。

しかし今回はなんと3~4本しかなくて、スペシャル系だと57年のストラトが新入荷であったくらい。
フロアマスターに理由を聞いてみるとやっぱり噂通りのことが今まさに起きているんだなと思いました。というのも、高額な物から順に決まっていくそうなんです。ただありがちな元気系バブルとは違って、高額であることに加えちゃんと「筋が良い物」から選ばれるという。これは今確かに楽器以外でも起きている現象ですよね。すごく堅いなと見ていて感じます。

最近だと50sのストラトの色物(エクストリームレア)を150000USDで出したらその日になくなったと言っていました。あとは昔ビーチボーイズのために製作された65年(?)のジャズマスター4本セット(1点物×4本)が入荷したけどこちらも早かったと(値段は聞いてない)。
すごいですよね。彼も「まじでクレイジーだよ」って。

まぁもうこの辺りは言い値の世界なんでよくわかりませんが、結局のところこのようなトップ物をどういう人が何を目的とし購入しているかで、彼らが次手放す時の値段が決まってくるんですよね。
これは私個人の見解ですが、今後このような趣味性が高い嗜好品のプライスリーダーとなるのは、今までのような趣味が高じてそこに行き着いてしまった人ではなく、外の世界から全く違うアプローチでやってきた人たちになっていくんだろうな、と肌感ですが感じています。でも良いこともあります。彼らはそこに社会を結びつけられるため、狭い世界だったものが急にアートと呼ばれるようになったりもするのです。

SHOP

Wolf & Wolff
渋谷区渋谷2-3-3 青山Oビル 2F
営業日 7月22日〜一旦8月8日まで
営業時間 11時〜17時
定休日 月曜 火曜
お問い合わせ dream@wolfandwolff.com